…… TOPICS 詳細 ……


今治

イベント

2018.11.10

FC今治、昇格に王手 武蔵野に3対0で、6連勝

755号3ページ

4700人の観客大熱狂



JFLセカンドステージ第13節、FC今治は11月4日ホームのありがとうサービス.夢スタジアムで、東京武蔵野シティFCと対戦。3対0で制しJ3昇格に向け王手をかけました。スタジアムの満員にせまる4704人の観客と共に、大きな1勝を心から喜びました。

試合は前半21分、太田康介選手(36)が上村岬選手(27)のフリーキックに合わせ、先制ゴール。後半から途中出場した、飯泉涼矢選手(22)と向井章人選手(19)がそれぞれ1点ずつ加えるとスタジアムも大熱狂。前々節にJFL通算200試合出場を達成した太田選手は「高司さんからゴールシーンの動画が送られてきたので、決めようと思っていた」と笑顔。

同クラブのGM、高司裕也さん(36)と太田選手は13年前、埼玉SC時代で共にプレーしていた仲。太田選手が全試合出場するも無得点だったため、「得点力のある選手なので決めてほしかった。もっている男は違うね」と高司さんもにっこり。

Jリーグ加入の条件、百年構想クラブとして共にJ3昇格を目指してきた、東京武蔵野シティとの直接対決に勝利し現在、通算順位の4位をキープした同クラブ。

J3昇格条件の4位以内には、1111日アウェーのMIOびわこ滋賀戦に勝ち、現在5位のソニー仙台FCがテゲバジャーロ宮崎に引き分け以下で確定します。11日の試合の様子は芝っち広場(旧大丸跡地)のドンドビビジョンで、特別放映されます。入場無料。

また最後のホーム、ホンダロックSC戦は1118日。当日は、一日広報部長としてお笑い芸人のバンビーノや次長課長の河本準一さんも応援にかけつけます。ハンドメイド雑貨など、イベントも盛りだくさん。


ページトップへ